『忍の浮き城』の歴史~小説の舞台となった成田長親の城址~

1590年(天正18年)の小田原の役の際、城主・成田氏長は小田原城にて籠城。家臣と農民ら3,000の兵が忍城に立てこもった。豊臣方の忍城攻めの総大将は石田三成。三成は、本陣を忍城を一望する近くの丸墓山古墳(埼玉古墳群)に置き、近くを流れる利根川を利用した水攻めを行うことを決定し、総延長28キロメートルに及ぶ石田堤を建設した。しかし忍城はついに落城せず、結局は小田原城が先に落城したことによる開城となり、城側は大いに面目を施すことになった。このことが、忍の浮き城という別名の由来となっています。


古代蓮の里と展望台

遠く東京スカイツリーも眺めることができる!
  • 古代蓮の自生地である園内では、行田蓮をはじめとする42種類、約12万株の花蓮が毎年6月下旬~8月上旬に咲き誇ります。
  • 展望台からは、晴れていれば東京スカイツリーを眺めることができます。
  • 例年、6月~10月にかけて田んぼアートが展望台より眺めることができます。

※詳細はこちらをクリックしてください。


周辺のみどころ

忍城郷土博物館

忍城郷土博物館

行田市は忍城の城下町として発展してきました。行田市郷土博物館は、忍城の本丸の跡地にあり、隣接する御三階櫓とともに、行田の歴史と文化をわかりやすく紹介しています。


埼玉古墳群(県立さきたま史跡の博物館)

埼玉古墳群(県立さきたま史跡の博物館)

埼玉の県名由来となった古墳を巡り、歴史に思いを馳せる...

「金錯銘鉄剣」が出土したことで全国に知られている「稲荷山古墳」や、日本一の規模を誇る円墳「丸墓山古墳」など、9基の大型古墳が残されています。約30haの古墳公園内には、はにわ作りを体験できるはにわの館や埼玉県立さきたま史跡の博物館などもあり、古代のロマンを堪能できるスポットとして親しまれています。
また、付近には関東の石舞台といわれる「八幡山古墳」など、多くの史跡があります。
詳細はこちらをクリックしてください。


水城公園

水城公園

中国風公園でのーんぴり散歩♬

忍城の外堀の沼を利用して整備された公園です。浮き釣り専用の釣り場として開放されているしのぶ池や、薄紫色の絨毯を敷きつめたかのようなホテイアオイが美しいあおいの池などがあり、心がなごむ癒しの場となっています。


蔵の街~行田~

蔵の街~行田~

明治~大正時代の白塗り壁の蔵を眺めぶらーり散策してみませんか?

行田市には明治時代から昭和時代に建てられた、200戸とも言われる蔵が存在しています。中でも行田市の主要な産業として発展した、足袋の生産に関わる、保管蔵が最も多くみられます。